行政書士試験合格発表

こんにちは。
こんばんは。
新潟県初の登録支援機関、新潟市西区行政書士事務所
『Asocia行政書士法務事務所』です。

昨日は令和元年度行政書士試験の合格発表でしたね。
受験者数は39,821人で、合格者は4,571人(合格率11.5%)でした。

その中で新潟県では49名の方が合格されたとのことです。
合格された方、おめでとうございます。
これから独立開業されるのか、又は次のステップに進むのか。

今までの努力が実り、希望に満ち溢れていることかと思います。
もし独立開業してもこれからも業務に関する事や経営などの勉強が必要になります。
ここがスタートラインです。
一緒に行政書士を盛り上げるために、頑張っていきましょう。

 

また、今回残念な結果になられた方は、今は気持ちが落ち込んでいるとは思いますが、
今までの努力は無駄にはなりません。
諦めたらそこで試合は終了です。
落ち込んだら、今度は上がるだけですから、諦めないで頑張ってください。

いつかどこかでお会いできる事を楽しみにしています。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の許認可のことならお任せ下さい。
Asocia行政書士法務事務所
新潟県初の登録支援機関(19登-000085)
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟ビザ相談センター:https://visa-asocia.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

 

 

 


謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと
お喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、
更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、
お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

Asocia行政書士法務事務所
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎 潤

 


年末年始の営業日のご案内

お客様各位

拝啓
師走の候、貴社益々のご盛栄のこととお喜び申し上げます。本年は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが、2019年12月28日から2020年1月5日までお休みとさせていただきます。
よろしくご了承のほどをお願い致します。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。
敬具

Asocia行政書士法務事務所
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎 潤

Dear customers

Dear Sirs
We are delighted to see you as a master of 
the mentor and the prosperity of your company. 
Thank you very much for your patronage this year.
Although it is immediately, it will be closed 
from December 28, 2019 to January 5, 2020.
Thank you for your understanding.

Thank you very much for your patronage throughout 
this year, and thank you for your continued 
support next year.
Best regards

Asocia Administrative Scrivener Legal Office
Fumio Harima, 
Representative Administrative Scrivener
Special Administrative Scrivener 
Jun Shimazaki


こんばんは。
新潟県初の登録支援機関、新潟市西区行政書士事務所『Asocia行政書士法務事務所』です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

在留手続等の国際業務におけるお客様へのより万全なサポート体制作りの一環として、Asocia行政書士法務事務所は、この2019年10月より元入国管理局職員の木下洋一様と顧問契約を締結させていただきました。

木下様は18年間にわたり、入国審査官として東京局、横浜支局、羽田支局等の首都圏の入国管理局において実務経験を積まれました、まさしく“入管行政の内部を知るスペシャリスト”でございます。

木下顧問の詳しいプロフィールはコチラ

また、お人柄も素晴らしく、真の共生社会の実現を真剣に目指されている熱くて非常に優秀な方です。

当事務所としましても、日々入管行政の運用や関係諸法令の熟知には努めておりますが、よりお客様に万全のサービスを提供すべく、恐らく新潟県の行政書士事務所としては初となります、国際業務専門の顧問契約を締結するに至りました。

 

入管行政を骨の髄の髄まで熟知されている木下様のお力も拝借し、今後ともより多くのお客様に喜びを与えられるように日々精進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の許認可のことならお任せ下さい。
Asocia行政書士法務事務所
新潟県初の登録支援機関(19登-000085)
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟ビザ相談センター:https://visa-asocia.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/


読売新聞に載りました。

こんばんは。
新潟県初の登録支援機関、新潟市西区の外国人ビザ申請等国際業務専門事務所『Asocia行政書士法務事務所』です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今朝発売の読売新聞に、弊所が取材された記事が載りました。

今年の4月1日に施行されました、新しい在留資格
『特定技能』について話をさせていただきました。
新潟県初の登録支援機関として、現在取り組ませていただきていること
その中で見えてきた課題をお話しをさせていただきました。

認定申請書作成までのボリューム、対象業種への疑問などを
記事の中でも述べさせていただきました。

『特定技能』はまだまだ発展途上であり、これから対象業種の拡大、特定技能試験の実施、地方格差の是正などされていくと思います。

国別に抱える諸手続きなどの問題点など
その他、弊所にて手続きを進めてきた中で見えて来ている情報もあります。

『特定技能』に関するお問い合わせにて個別に対応させていただけたらと思います。
※ただし、面談もせずに情報のみ欲しいとのお客様が少なからずいらっしゃいます。情報は弊所の大事な財産です。
お電話やメールにての情報のみの提供は行っておりませんので予めご了承いただけたらと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の許認可のことならお任せ下さい。
Asocia行政書士法務事務所
新潟県初の登録支援機関(19登-000085)
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟ビザ相談センター:https://visa-asocia.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/


ベテラン行政書士との意見交換会

皆様こんばんは。
新潟市西区の行政書士『Asocia行政書士法務事務所』でございます。

昨日は新潟県行政書士会が主催する
ベテラン行政書士と新入会員、入会歴が浅い会員との意見交換会が開催され
弊所2人も運営側として携わらせていただきました。

昨年から新潟県行政書士会の相羽会長の長年の目標
新人の行政書士が食べていけるようにする!
という元、新潟県で長年トップを走る行政書士の先生と一緒に動き
徐々に形になってきました。

行政書士試験は、司法書士試験の様に実務内容が試験内容に盛り込まれているわけではなく
また、司法試験や社会保険労務士等の様に試験合格後に入会前研修がある訳ではなく、弁護士事務所や税理士事務所の様に、求人が多くある訳でもなく
登録したと同時に開業すると言った現状があります。

そこで、今回のベテラン行政書士との意見交換会が開催されました。
これはこれからの食べていける行政書士を育成していくプログラムのキックオフミーティングの様な物ですが、
開業5年以内の若手の行政書士が15名ほど集まりました。

ベテランの行政書士の諸先輩方の面々は、
行政書士歴30年以上常に実績を出されてこられた方々ばかりの先生

惜しみなくお話してくださる大ベテランの先生と
少しでも食べていける行政書士になろうとする若手の行政書士との積極的な意見交換が行われました。

至らない点も多々あったかと思いますが、
講師の先生方、参加してくださった方ともに感謝申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の許認可のことならお任せ下さい。
Asocia行政書士法務事務所
新潟県初の登録支援機関(19登-000085)
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟ビザ相談センター:https://visa-asocia.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/


新潟県で初めての登録支援機関になりました

皆様こんにちは。
新潟市西区の国際業務専門事務所『Asocia行政書士法務事務所』でございます。

本日は重要なお知らせがございます。

弊所、Asocia行政書士法務事務所が法務省より、登録支援機関として新潟県で初めて登録されました。

4月から始まった新しく在留資格には登録支援機関が必要不可欠となります。
特定技能の制度には「特定技能所属機関」と「登録支援機関」という2つの機関があります。

特定技能所属機関とは、特定技能外国人を雇用する会社(受入れ機関)です。

特定技能所属機関は、特定技能外国人の職場上、日常生活上、社会上の支援をしなければいけません。

特定技能外国人の支援には専門的な内容もあるため、特定技能外国人を雇用する会社(特定技能所属機関)自身で実施するのは難しいというケースもあります。

登録支援機関とは、特定技能所属機関に委託されて特定技能外国人の支援計画の作成・実施を行う機関です。

特定技能の外国人を雇用する際には、弊所へ委託していただくことで、企業様は外国人の管理がしやすくなります。

その登録支援機関に弊所が新潟県で初めて登録されました。
これから注目される新しく在留資格に関して、尚一層外国人の方や雇用されている企業様へご支援できたらと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の入管業務のことならお任せ下さい。
Asocia行政書士法務事務所
新潟県初の登録支援機関(19登-000085)
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟ビザ相談センター:https://visa-asocia.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/


専門家として

こんばんは。
新潟市西区のAsocia行政書士法務事務所の代表行政書士播磨 史雄です。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

平成が幕を閉じて、新元号「令和」になりました。
世間は10連休でしたが、私は結局10連休は最初の3日間のみお休みで、その他は事務処理で出勤するといった日々でした。
申請書を作成していると、ふとした瞬間まだ平成と記載しそうになったりします。
きっと多くの方がまだ「令和」の表記に慣れていないのだと思います。

この仕事をしていると様々な案件に関わることが多くなります。
会社設立・補助金申請・在留許可・建設業許可・産業廃棄物収集運搬許可・農地転用・開発許可・酒類小売業免許・・・etc

特に許認可申請の案件を行っていると、
依頼されたお客様によって必要書類が違ったり、申請する土地が特殊だったりと
イレギュラーな場合や想定外の出来事に遭遇することはあることです。

まず、プロとしてイレギュラーに遭遇した際に、狼狽えたり、誰かのせいにして逃げることはご法度です。
中には、変な担当者との間で苦しむこともあるとは思いますが、
どうしたらその問題を解決できるのか、どうしたらお客様の要望(許可が下りる)のかを検討し、行動することが大事です。

もちろん一人で解決できないこともありますので、信頼のおける先輩や仲間に相談してみるのも有効だったりします。
自分の考えを整理したり、解決のヒントを得ることができます。

何度もいいますが、言い訳をしたり、嘘をついて自分の体裁を守ったりするのはご法度です。そんな時間があるのであれば、冷静になり、こんがらがった出来事を一つ一つ紐解いて行き、問題の解決の糸口を見出すことに全力を注いだ方がいいのです。

行政書士というプロとして、お客様には誠実に対応することが大事です。
堂々と、ちゃんとした対応を心がけることによって、お客様は理解してくれる場合が多いと思います。

ちゃんとした仕事をしましょう!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・入管業務
相続・遺言・成年後見のことならAsocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/
新潟ビザ相談センター:http://visa-asocia.com/


成年後見申立の際の診断書が変更になります。

こんばんは。
4月に入ってから冬に戻ったように寒い日が続きますね。
新潟はいつも3月の方が春らしい天気が多い気がする
新潟成年後見相談センター、センター長播磨史雄です。

4月1日に新元号が発表され大きな話題となりました。
新年度になると、様々な変更があります。

成年後見制度に関しても、申立時に提出する医師の診断書の書式が変更になりました。
成年後見制度を利用する場合には、本人の状況を医師に診断してもらい、診断書を作成してもらう必要があります。
従来の様式ですと、本人の状況が的確に伝わらない書式となっていたため、平成29年3月に閣議決定された成年後見制度利用促進基本計画において、変更が決定されました。


また、今回の改訂により、福祉関係者の方が本人の生活状況等を医師に伝えるためのシートが追加されます。
地域包括支援センターの職員さんやケアマネジャーの方々が主に作成することになるかと思います。
より正確な情報に基づいて成年後見制度がより良いものになるといいですね。

さらに最高裁判所は成年後見人への報酬の見直しに関しても家庭裁判所へ通知したとのことです。
今まで、成年後見人への報酬は、業務量や難易度に関わらず本人の財産額により目安により決定することが一般的になっていました。
それが、この度、業務量や難易度を考慮して報酬額を決定するようになるようです。記事はコチラ
専門職後見人のほとんどが財産管理はしても身上看護の部分を疎かにする傾向が強かったのですが、この通知により、身上看護の重要性が増してきそうですね。
これは良い傾向かと思います。

また、今まで家庭裁判所の傾向としては専門職の第三者後見が多く、親族後見は積極的に認めてなかったように思えますが、後見人にふさわしい親族や身近な支援者がいた場合には、本人の利益保護の観点から親族らを後見人として選任することが望ましいと最高裁判所は提示し、家庭裁判所へ通知をしたとのことです。

大きな変化の訪れる新年度ですが、元号と共に成年後見制度も大きく変化していくのかもしれませんね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・入管業務
相続・遺言・成年後見のことならAsocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/
新潟ビザ相談センター:http://visa-asocia.com/


在留資格(ビザ)セミナー

こんばんは。
新潟市西区のAsocia行政書士法務事務所の代表行政書士播磨 史雄です。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今日(昨日)は、行政書士試験の合格発表日でしたね。
11年前の今頃の私には、独立開業して、こうやって事務所運営していることなんて思いもしなかったのですが、11年という月日は長く短いようにも思えます。
合格者の方の中には独立開業して、私たちと仲間になる方もいるのでしょう。
行政書士として試験に合格したのはスタート地点に立てたというだけでゴールではありません。
先輩として言えることは、これからが始まりということです。
どこかでお会いできたときは、お茶でも飲みながらお話でもしましょう(笑)

さて、今日は、弊所入管業務のエース島崎潤が、公益社団法人新潟市産業振興財団(IPC)様主催のセミナーにて講師を務めました。

平日の夜にも関わらず、外国人雇用に興味のある経営者の方々、社労士や行政書士の士業の方にも参加いただき、ありがとうございました。
様々な業種の方が参加されるくらい外国人雇用に関心が高まっていることが分かります。

4月の改正入管法により、興味の高まる中
この様な話をさせていただける機会をいただけることは本当にありがたいことです。

まだ、最も関心の高い『特定技能』に関しましては、1月26日にパブリックコメントが締め切られたばかりですので、これから色々と全容が見えてくるとは思いますが、少々お話もさせていただきました。

セミナーが終わり、名刺交換も多くの方とさせていただき、
『内容がわかりやすかった』
『とても良かった』
との声をいただき、島崎も安堵の表情でした。

この様な機会をいただいた、IPC様、参加された多くの方に感謝を申し上げます。

入管業務に関して、セミナー講師のご依頼も募集しております。
お気軽にご連絡いただけたらと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・入管業務
相続・遺言・成年後見のことならAsocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
特定行政書士 島崎  潤
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:https://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/
新潟ビザ相談センター:http://visa-asocia.com/